別冊花とゆめ1月号レビュー

別冊花とゆめ1月号のレビューをお届けします。
完全ネタばれになるので自己責任で読んで下さいね。


2012年1月号 「ガラスの仮面」レビュー


姫川亜弓が赤目慶と最後の対決シーンの稽古をしている。
赤目慶の斧が姫川亜弓扮する紅姫の額を正に割ろうとするかのようにぴたりと止った。
亜弓の目の不調を知っている赤目は一瞬たじろぐが亜弓のアドリブで切り抜ける。
だが、そんな二人の様子にカメラマンのハミルは不信を抱く。
ハミルは亜弓の山での稽古と今の稽古を比較した。
そして、数枚の写真を封筒に入れると姫川亜弓に渡した。

「少しあなたとお話が……
 今日はあなたの写真 持って来ました」

「写真?」

「ええ
 『紅天女』の稽古中の写真
 なかなかいいデキです。
 見たくないですか?」

亜弓は中の写真を改めるが何が写っているかわからない。

「そうね、ありがとう」

「ありがとう?本当にそうですか?
 それあなたの写真ではありませんよ」

亜弓の周りに写真が散らばる。
ハミルは山で稽古をしていた時の写真と、今の写真を比べて亜弓の目が悪い事を突き止めた事を話す。

「医者はなんと言ってるんです?」

「あなたには関係のないことですわ!」

ハミルは亜弓が素晴らしい女優だと世界に紹介したいと話す。
亜弓は医者から手術をしなければ失明するかもしれないと言われた話をする。
ハミルに口止めする亜弓。

場面変わってパーティに出席しているハミル。
パーティの主催者らしきマダムと話している。
マダムはハミルに何故姫川亜弓ばかり写真に撮るのかと問う。
ハミル自身、亜弓を撮りたい理由はわからないと答える。ハミルはその足で稽古場に姫川亜弓を訪ねた。
亜弓に演技が出来るかどうか気になると話すハミル。

「ためしてごらんになりますか?
 ハミルさん」

「ためす?」

「ええ、私の勘を」

「あなたの勘を?」

「あなたを納得させてあげるためですわ」

言って歩みはハミルに電気を消させた。そして、ハミルに稽古場の中を歩かせる。
暗闇の中、必ずハミルの居る場所に辿り着いてみせるという亜弓。
歩き回るハミル。木箱にぶつかり、思わず声を上げる。やがて、立ち止まったハミル。
ハミルを一真に見立て、阿古夜となってハミル(一真)の元へ辿り着く亜弓。

「そこにおじゃれ
 すぐにつかまえてさしあげる」

ーーまっすぐだ……!
  ためらうことなくまっすぐに

ハミルの腕を掴む亜弓。
ハミルは思わず、ライターの火をともした。
暗闇に浮かび上がる、愛しい一真を見上げる阿古夜の顔。
息を飲むハミル。

「アユ…ミ…」

ハミルはライターの火を消した。ハミルの胸は早鐘のように高鳴る。
再び暗闇の中に立ち尽くす二人。

一方、芸能記者達は姫川亜弓が病気になった事を突き止める。

ハミルはパリにいるエージェントにしばらく帰らないと話している。
稽古場に姫川亜弓を見に行くハミル。そこには、目が悪い事をまったく感じさせずに演技をする亜弓がいた。

ーーあなたのように誇り高い女性ははじめてだ……!!
  見届けたい……!
  あなたがめざす「紅天女」を……!

ハミルは姫川亜弓と出会う為に日本へ来たのだと自覚する。
一方、記者達はとうとう稽古場にやって来た。廊下の隅に身をひそめ亜弓が出て来るのを待っていた。





今月号は姫川亜弓とカメラマンハミルのお話でした。
ハミル氏が亜弓に恋をするシーンです。20年前の未刊行部分とほぼ同じですが、亜弓に会うために日本に来たという台詞で、亜弓とハミルの魂の片割れ化がより鮮明になった印象を受けました。
ここで、一旦、連載はストップ。次回は来年4月号(2/25発売)だそうです。

「おたよりください」の柱に
「韓国ドラマ『赤と黒』を見ていたら、第6話の副題が『ガラスの仮面』でビックリ。テーマはだいぶ違うけど。続きが楽しみ。」
とありました。
また、来月号(2月号)の付録は月影先生のカレンダーです。
48巻発売の広告はありませんでした。今までのパターンから行くと来年連載再開と同時発売ですかね~。
以上、今回、速水さんが出てないので簡単になりました~。^^
ゲンキンな私(^^)
関連記事

テーマ : ガラスの仮面
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レビューありがとうございました!
出版社さんには申し訳ないですが、かりんさまのレビューで今回は満足です。

なるほど・・・亜弓の魂の片割れはハミルだったわけですね。
亜弓にも魂の片割れが、マヤにも魂の片割れが・・・
ああ、なんという設定でしょう!先生、やってくれますね。

早くしゃちょーの出番が欲しいところです~
それと、試演の行方・・・気になります!マヤの出来はどうなんでしょうね!

早い!^^

詳細なレビューありがとうございます!
職場からなので、帰りに別花買おうか迷っておりました。

亜弓さんにハミル氏ですか……これでマヤと対等ということになるのでしょうかね。
何やらほっとしています。
しばらく休載という報にはなぜかそれよりほっとしています。
字書きのゲンキンさですね。
身勝手なものです(笑)。

No title

こたん様
そう言わず、買ってあげて下さい。(^^) 540円
確かにガラカメの為だけに買うのは高いかもしれませんが、今回は鼻が聞く男の話「超嗅覚探偵 NEZ」の読み切りが載ってましたし、何より、亜弓さんの美しい絵が結構あります。それにハミル氏の顎の割れ目が、控えめになってましたし……。
あの辺りを鑑賞するのもいいかも(^^)

No title

パッキー様
>しばらく休載という報にはなぜかそれよりほっとしています。

お気持ちわかります。(^^)
3ヶ月の休載。後1年くらで終わるかと思っていましたが、なんやかやでまだまだ続きそうですね。
ガラカメ1本で別花の売上を支えているという現状(売上レポート
http://www.garbagenews.net/archives/1856170.html)
を考えると、当分終わりそうにないなあと思ってしまいます。

二人の「紅天女」候補。
同じように魂の片割れに出会い、同じように恋をする。
試演の結果も恋の行方も亜弓さんの目も桜小路とマヤの関係も、一杯気になります~。^^

No title

○○様(ひらがな2文字)
>マスマヤばっかりってわけにもいかないから仕方ないですよね。
ですね~。
この回が48巻のラストになるのかな~って感じです。
昔は姫川亜弓のシーンもそれなりにわくわくしながら読んでたんですが、やはり、未刊行部分の再アップのせいでしょうか?
今一、のめり込めない今月号でした。

トト
読んでくれてありがとう!
明日の分、楽しみに待っててね。^^

う~ん

かりんさま
こんばんは。
今月号のレビュー拝見しました。やはりかりんさまのレビューは凄いです。

私も今日、本誌買って読みましたが、正直言って買わなくても良かった内容でした。ガラかめの為にこの金額はキツイです~

しかも、次号から休載になるなんて!!やはりコミックの発売が近いのでしょうね~

今月号は、亜弓さんとハミルさんの絡みが中心で…う~ん(-_-)真澄さまの出番が無くてガッカリ~
もうそろそろお顔が見たいところですね!!
真澄さまがいないと盛り上がりません~

早く続きが読みたいです。もちろん、真澄さまのその後ですが…
また、連載再開後にお邪魔しますね!!

No title

亜弓さんxハミルさんのお話でしたか~v
どうりで周りが盛り上がってないとおもtt(ゴホゴホw)

でもちゃんと買いますのでご心配なく♪
かりんさま、いつも素敵なレビューをありがとうございます♥(。→v←。)♥

二巻イッキ刊行を希望

かりん様
レビューのアップ、心から有難うございますー♪
そうですか、休載ですか。。。
亜弓さんエピはどうせ未刊行部分がベースだと思いマスんで、
一年前の45巻・46巻イッキ連続刊行に倣い、48巻も49巻も
一気に出してほしいなぁーー!

※二巻連続刊行した「年」と「巻数」が誤ってましたため、訂正をば。
うまく"編集"できてるのか、"再投稿"の形になるのか…?
(後者だったら、無駄にコメント数ふやしてゴメンなさい、かりん様。)
ぽちっ!

No title

○○○○!○○○○!様
真澄様が出ないと確かにテンション上がりませんよね。その上、ハミルさんが真澄様に似て来て、、、(^^;;)
それだけはやめてと先生に言いたいんですが、、、。
これからも楽しいパロを書いて行きたいと思います。
いつも読んでくれてありがとうございます。^^

No title

いちご様
レビュー褒めて下さってありがとうございます。^^
一生懸命書いた甲斐があります(^O^)/
真澄様が出ないとホント盛り上がりませんよね~。
私も紫織さんと速水さんがどうなったか早く知りたいです。
ぜひ、また遊びに来て下さいね。
お待ちしてま~す(^O^)/

No title

かおりゃん様
はい、今月号は亜弓ハミル編でした。^^
真澄様の登場を心待ちにしてるんですけどね。^^
2月までお預けです。^^
かおりゃんの素敵イラスト、見に行きますね~。^^

No title

くるりくら様
はい、私も48巻、49巻を一気に出してほしいです。^^
未刊行の原稿を使えば、ページ数は十分だと思うんですけどね。^^
いつもコメントありがとうございます。励まされてま~す。^^

No title

○○○様
はじめまして、よく来て下さいました。
○○○様のお考え、なるほどと考えさせられました。
>試演の前に目の手術を受け入れ紅天女を諦めるのかな?
未刊行では、いろいろあって一度は目の手術を受ける決心をするんです。
「紅天女」を演じられなくなって初めて、阿古夜の気持ちを掴むという流れでした。
その後、速水さんに叱咤激励されて、稽古場に行った所で休載に入ってました。

>昔のペンタッチ
私も好きです、昔のペンタッチ。^^ きれいですよね。

コメントありがとうございました。^^

No title

○○○様
>(たぶんドラマで安達由美がマヤだったころ)
はい、休載していたガラカメがドラマの放映に合わせてちょっとだけ連載したんです。速水さんが紫のバラの花束をマヤに投げつけるわ、踏みつけるわでもう、大変な部分です。^^
最後、山からヘリコプターで速水さんが月影先生を稽古場に連れて来ます。
「今 あなたの力が必要なのです……!」
というモノローグで20年の休載に入りました。

あの頃は先生自身どう描いたらいいのか決まってなかったのだと思います。
無理矢理書いたというか^^

コメントありがとうございました。^^
プロフィール

卯月かりん

Author:卯月かりん
ガラスの仮面にはまってしまい、ガラスの仮面の感想やレビューを書いています。良ければお目汚しにご覧くださいませ。

引用している文章、画像について
当方に著作権者の権利を侵害する意図はありません。不適切と判断された場合はご連絡下さい。対応させていただきます。

ブログ内の文章・画像等の無断転載・配布等は固くお断りします。
また、いただいたコメントに対しては出来るだけお返事するようにしていますが、内容によってはお返事出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。

ツィッター:
虹色円盤@Fukayomi_Karin

アルファポリスに参加しています。良ければぽちっと押してくださいね!^^



ブログ村に参加しています。良ければぽちっと押してくだされ!^^

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。よければポチっとお願いしまっす!^^

カテゴリ
本の表紙はこちら!
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合はご連絡下さい。訪問させていただきます。
管理人:卯月かりん
虹色円盤バナー
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
トータルアクセス