船上での二人(ネタばれ有り)

連載の時から言われていた事ですが、二人は好きだとか、愛しているとか言っていません。それなのに何故、二人にはお互いの気持ちがわかったのでしょう。

以下、検証してみました。ネタばれがあるので自己責任で読んで下さいね。




まず、速水さん。
速水さんは暴漢にあった時、気を失っていた間、夢現つの時にマヤの告白を聞き、口付けを受けています。
彼女は自分を嫌っている、決して好きになる筈がない、と思っています。

ーーでは、あの夢はなんだったのだろう、普通の夢よりずっとリアルだった……

と思っています。
ところが、ハンカチを返した所、なんと、マヤは顔を真っ赤に染めてしまいます。
もしかしたら、あの夢は本当にあった事なのかもしれない、確かめたい。
だけど、ストレートに聞いても本音は話すまい、そこで、阿古夜の台詞を言わせるんですね。
で、速水さんは、マヤの台詞を聞いて、やっと、マヤの気持ちを確信するわけです。

次に、マヤです。
マヤは速水さんが、紫のバラの人だと知っています。
速水さんが、自分をどう思っているかわからないけど、関心があるのだと思っています。
紫織さんと婚約を発表するまでは、自分を好きなのかもしれないと思っていたのだと思います。
が、紫織さんと婚約した事で、速水さんが自分に関心があるのは紅天女主演女優候補としての私なのだと思います。
が、指輪事件や北斗プロの事件を経て、速水の真心を信じます。
自分を想ってくれる速水の気持ちは、様々な思惑を越えた気持ちだと確信します。
しかし、女性として愛しているのは、あくまで紫織なのだと思っています。
船に乗って、ダンスをする前、黙りこくった速水を見て、紫織さんがいないから落ち込んでいると思うのです。しかし、部屋の鍵を速水に返しに行った所、

「あの部屋は俺が用意したものじゃない……、このクルーズは紫織さんのサプライズなんだ」

と言って、鍵を投げ捨てる速水さんの行動に、もしかして、速水さんも自分と同じ気持ちなのだろうかと思います。
自分と同じ気持ち、それは、単に部屋を使いたくないという気持ちなのか、それとも、自分が速水を思っているように多少は自分を好きなのだろうかと逡巡します。しかし、大都のやり手社長が、11も年下の自分を相手にするわけがないと思います。

ところが、翌朝、自分のあふれるような愛を阿古夜の仮面の元に速水に告白したところ、自分の気持ちをわかってくれ、かつ、自分を抱きしめてくれた速水。しかも、その他大勢が日の出を見にやってきた時、離れようとしたマヤを速水は引き留めます。
この行動こそが、速水の愛の告白なのです。言葉はいらないのです。
マヤは最初驚きますが、

「俺とうわさになるのは嫌か」

「いいえ、いいえ、速水さん」

「では、もうしばらくこのままでいさせてくれ……、たのむ……」

の台詞に速水の心を確信します。
真実、速水さんが自分を好きなのだと確信するのです。
その確信が速水さんを抱き返す手、「ギュッ」という擬態語と共に書かれたコマに凝縮され、抱き返す事でマヤもまた、速水さんに気持ちを告白しています。


字書きをしていて思うのですが、こういった画による、行動を描く事による愛の告白は、漫画ならではの告白シーンだと思います。
なかなか、文章でこれを現すのは難しいです。
また、はっきり言葉に出した方が表現として楽ですし、読者にもわかりやすいです。それをあえて、画による告白にした先生、さすがだなあと思います。
関連記事

テーマ : ガラスの仮面
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

○○○○様
コメントありがとうございま~す♪

字書きならどうするか?
表現の練習をするのに漫画はいい題材ですよね。
最初は画をそのまま、書いてみる。
それから、一歩引いて読者として自分の文章を読む。
さらに、速水さんの心情に踏み込んで、自分ならこの心情を同表現するかやってみる。
概して動作を表現するのは難しいですね。^^

また、この頃思うんですが、字書きの苦労を誰かに聞いて貰いたいと思ってもなかなか話せません。字書き同志ではないとこの苦労がわからないからです。
今回、○○○○様のお考えを読み、みんな同じような苦労をしているんだなと思いました。

コメントありがとうございました。^^
プロフィール

卯月かりん

Author:卯月かりん
ガラスの仮面にはまってしまい、ガラスの仮面の感想やレビューを書いています。良ければお目汚しにご覧くださいませ。

引用している文章、画像について
当方に著作権者の権利を侵害する意図はありません。不適切と判断された場合はご連絡下さい。対応させていただきます。

ブログ内の文章・画像等の無断転載・配布等は固くお断りします。
また、いただいたコメントに対しては出来るだけお返事するようにしていますが、内容によってはお返事出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。

ツィッター:
虹色円盤@Fukayomi_Karin

アルファポリスに参加しています。良ければぽちっと押してくださいね!^^



ブログ村に参加しています。良ければぽちっと押してくだされ!^^

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。よければポチっとお願いしまっす!^^

カテゴリ
本の表紙はこちら!
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合はご連絡下さい。訪問させていただきます。
管理人:卯月かりん
虹色円盤バナー
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
トータルアクセス