紫織さんはマヤの気持ちに気づいているか?

「安心しましたわ」と紫織さんがいった時、マヤが速水さんを憎んでいない、少しは好き?かもと思ってたんでしょうか?

私的には、紫織さんは、うすうす、マヤが速水さんを好きかもと思っているような気がします。

46巻、紫織さんが指輪をマヤのバックにいれる前のページ、紫織が速水さんは優しい人だという所、マヤは「わかっています」といいます。
紫織は、何故、速水さんを憎んでいるこの子が速水さんが実は優しい人だという事を知っているのかと思います。

46巻後半 マヤが暴漢に襲われた速水さんを介抱している所に紫織さんがやってきます。
マヤは一人だと思っていたので、眠っている速水さんに口付けします。
その直後、紫織さんがやってきて「出て行って」と言ってます。
紫織さんはマヤの様子にただならぬ気配を感じたのかもしれません。

私は紫織さんは、マヤが速水さんをもう憎んでいないと思っているんじゃないかなと思います。
紫織さんとしては、速水さんの気持ちの方が重要ですけれど。
関連記事

テーマ : ガラスの仮面
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

紫織さんは勘のいい女性だぞ(by英介)

こんにちわー今日帰宅しましたvチャット会なさったんですね残念です~
さてさて、私見ですが
46巻、そのシーンから、紫織は「ライバル」として、マヤをとらえているように見えません?ウエディンドレスを(仮縫い時)見せびらかし、マヤの反応に「速水への想い」を推し量ってるのはあきらかです。
暴漢事件とその夜の目撃で相思相愛(しかも本人同士は片想いと固く信じてる)を確信したからこそ、自ら誘うようなワンナイトクルーズまで突っ走ったのだと思いますね・・・
今度会ったら真澄とマヤは相思相愛になってしまう!
その体が震えるような危機感がなければ、当のお相手と結婚目前のお嬢様、あんなことしないんじゃないんでしょうか?
(妄想だけだったら今回の自殺だって心身症ですよ。)
真澄だけでなく、マヤの気持ちに気づいたからこそ!
と私は思いますね。
ん?紫織ってマスマヤ結びつけた恩人?!
えええぇ!かりんさんの予想だと死んじゃうの?!

No title

yuu様

う~~ん、相変わらず、深いご意見、嬉しいです。
私的にはウェディングドレスを見せびらかす所は、只の、いじめのように思います。
マヤの気持ちではなく、速水さんがマヤを「自分より好き」なのが許せないんだと思います。
紫織さんからみれば、演技以外は何の取り柄もないマヤをいじめようと思ったら、マヤが生涯手に入れられない程、豪華絢爛なウェディングドレスを見せつけ、マヤを羨ましがらせる。
いじめの常套手段ではないでしょうか?

体が震えるような危機感
速水さんが、暴行を受けて気を失っている時、うわ言で阿古夜(マヤ)の名を呼び続けます。
そして、その日は、紫織さんは速水さんとデートの約束をしていたにもかかわらず、会議でデートをすっぽかされて、その上、会議が終われば電話をくれると思って待っていたのに、電話もくれない。
本当にこの人は、私を愛してくれているのだろうかと思っている時に、体を張ってマヤを守る速水さんを見た上、うわごとでマヤの名を呼ぶのを聞いたわけです。
マヤを泥棒に仕立て上げて、速水が愛するに値しない女性にして、マヤをなんとか速水の心から追い出せたと思ったのに、そんな努力が無駄だった。
「あなたの心には、『紅天女』とともに常にあの子がいる」と紫織は思っている訳です。
こうなったら、体で引き留める、或は、既成事実を作って無理矢理自分の方を向かせる。
これで子供でも出来ようなら、子供をダシに引き留められる。
そう思ったのではないでしょうか?

紫織の今後
これは別記事にしますね!^^

No title

私も同じように思います。
女の第六感・・・っていうところでしょうか。
きっと紫織さんは、うすうす気付いているんだと思います。
そう、かりんさまが指摘される、あのマヤが「知ってます」と言ったシーンで・・・。
だからこそ、紫織さんの顔に青筋が立っているんだと(笑)

そして、だからこそ、船の上の一夜を疑って苦しんでいたのだろう、と思います。

yuuさまのコメントにも、大きくうなずかずにはいられませんでした。

ああ、本当にガラカメは奥が深いですよねぇ~

No title

こたん様

紫織さんの顔の青筋
WWWW
おお、気がつきませんでした。

紫織からみたら、相思相愛なのかな~?
そこまで確信がもてる相思相愛なんでしょうかね~。
むしろ、速水さんがマヤに紫のバラの人の正体を打ち明けて、マヤも気持ちが
ぐぐっと速水さんに傾いて両想いになるのを恐れたように思います。
マヤに紫のバラとアルバムを引き裂いて贈ったのは、速水が「紫のバラの人」だと打ち明けた時、アルバム引き裂いて返した事実があれば、マヤはまた、悪だくみだと思って速水さんに心が大きく動く事はないだろうと、そんな風に考えたのかもしれないと思ってしまいました。

>ああ、本当にガラカメは奥が深いですよねぇ~

そうなんですよ。なんといっても、マスマヤ、シオリ話で10年話せるんですから!
^^
プロフィール

卯月かりん

Author:卯月かりん
ガラスの仮面にはまってしまい、ガラスの仮面の感想やレビューを書いています。良ければお目汚しにご覧くださいませ。

引用している文章、画像について
当方に著作権者の権利を侵害する意図はありません。不適切と判断された場合はご連絡下さい。対応させていただきます。

ブログ内の文章・画像等の無断転載・配布等は固くお断りします。
また、いただいたコメントに対しては出来るだけお返事するようにしていますが、内容によってはお返事出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。

ツィッター:
虹色円盤@Fukayomi_Karin

アルファポリスに参加しています。良ければぽちっと押してくださいね!^^



ブログ村に参加しています。良ければぽちっと押してくだされ!^^

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。よければポチっとお願いしまっす!^^

カテゴリ
本の表紙はこちら!
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合はご連絡下さい。訪問させていただきます。
管理人:卯月かりん
虹色円盤バナー
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
トータルアクセス