46巻感想 第2弾 ネタバレあり

46巻の感想です。ネタバレを含みます。
自己責任で読んで下さいね。
紫織お嬢様が車の中で、「こんな事になるなんて…!」といって泣いていたのは、何故か?
これも、某巨大掲示板で拾って来た疑問です。
紫織の気持ちになってみましょう。

紫織さんは速水が「紫のバラの人」として何年もマヤを支えて来た事を知ってしまいます。
紫織さんは、速水がマヤを愛している事を知ってしまいます。
なんとか、マヤを貶めて速水がマヤを忘れるように仕向けようとしますが、速水がマヤを体を張って暴漢から守っているのを見た時、速水がうなされながらマヤの名前をうわごとで呼んでいたのを聞いた時、速水の愛の深さを思い知ります。
紫織はあせったのだと思います。
もしかしたら、速水は自分との婚約を解消すると言い出すかもしれないと思ったのではないでしょうか。
そこで、紫織はなんとか、速水をつなぎ止めようとします。
絶対に婚約解消を言い出さないようにしようとしたのではないかと思います。

船の上で一晩一緒に過したら、律儀な速水の事ですから、船の上で二人きりになったら自分と関係を持つかもしれない。
あるいは、自分の愛の深さをわかってくれるかもしれない。
それに、船で一晩過せば、たとえ、速水が自分と関係を持たなくても、世間はそうは思わない。
婚約者と一緒に船で一晩過したのに何もなかったとは世間は思いませんから、当然、関係を持ったと思うのは普通でしょう。
そうすれば、速水は決して婚約を解消できなくなります。
今でも婚約の解消は難しいですが、それ以上に難しくなります。

紫織は速水を罠にかけ既成事実を無理矢理作ろうとします。2度目はありません。
しかし、紫織は船に乗れませんでした。
船は速水だけを乗せて出港してしまったのです。
紫織は思います。

(真澄様と勝手に一晩過そうとした事が、真澄様にわかってしまった。
 船に一緒に乗っていれば、言いくるめられたのに。
 真澄様に軽蔑されるかもしれない。)

恥ずかしさと速水に嫌われるのではないかと言う不安。
速水に婚約を解消されるのではないかという不安。
そして何より、速水に抱かれる機会を失ってしまった事を悲しんで紫織は涙を流したのではないでしょうか?

この後、速水が紫織がマヤに何をしたか知り、速水が婚約解消を申し出た時、紫織が自殺未遂をして速水を引き留めようとするのではないかと、すごく、不安です。

チケットの日付は9月22日。
試演まで後、二十日ほど。
関連記事

テーマ : ガラスの仮面
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

○○○○様
褒めてくれてありがとう!
一回目は、面白かったという想いで舞い上がってしまいましたが、落ち着いてくると、想いが熟成してきて、、、。^^
未刊行に自殺未遂があるのが気になるんだよね。
別荘での話し合いはあるんじゃないかな~。
聖さんがアルバムびりびり事件に気がついたし。
50巻くらいまでといううわさは私も聞いてるんだけど、後3巻で終わるかなあ?
この後、紅天女の試演、二組分書くんだろうし、それだけで、2冊いるんじゃんないかな~?
逆転させるには、紫織さんをペケにしてしまえば、いいんじゃない?
病弱設定なので、そこは問題ないかなと思ってるんですけどね。
問題はいつするか、ですけどね。
例えば、試演の直前に危篤になる。
マヤの舞台か危篤の紫織さんかという二者選択を迫られる速水さん。
紫織さんを選ぶ速水さん、だけど、死を前に改心する紫織さん。
「真澄様、、、愛しておりましたわ、、、どうか、試演会場へお行きになって!
 あなたに会えて紫織は幸福でした」
と言って息を引き取る。
試演会場に急ぐ速水は交通事故に。
舞台を直前にして、速水の存在を身近に感じるマヤ。

なんてね、悲恋で良ければ1本パロが書けるなあ~。^^

No title

○○○様

拍手コメントありがとうございます。
○○○様も深読みされますねえ~。すごい!

紫織が涙する一コマで、ここまで盛り上がれる!
これもガラカメの魅力ですね。^^

紫織の誤算。
私も○○○様の意見に賛成です。
また、二人が本人同士も知らない相思相愛の仲という事実に肉薄しているただ一人の人というのも、その通りですよね。
速水の気持ちを知っている人は、水城、聖といるけど、マヤの気持ちは誰も気がついていませんしね。

「恋愛論」のブログ、読みました。^^
面白かったです。
『男は、俗っぽい女が与え得るすべてのものを受け取るより、いつの日か愛する女の気に入られるという、きわめて当てにならない機会を夢見るほうを好む。』

速水さん、そのままですね。

『速水真澄は鷹宮紫織が与え得るすべてのものを受け取るより、いつの日か愛する北島マヤの気に入られるという、きわめて当てにならない機会を夢見るほうを好む。』

これ、新規のブログ記事にしますね。^^
プロフィール

卯月かりん

Author:卯月かりん
ガラスの仮面にはまってしまい、ガラスの仮面の感想やレビューを書いています。良ければお目汚しにご覧くださいませ。

引用している文章、画像について
当方に著作権者の権利を侵害する意図はありません。不適切と判断された場合はご連絡下さい。対応させていただきます。

ブログ内の文章・画像等の無断転載・配布等は固くお断りします。
また、いただいたコメントに対しては出来るだけお返事するようにしていますが、内容によってはお返事出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。


アルファポリスに参加しています。良ければぽちっと押してくださいね!^^



ブログ村に参加しています。良ければぽちっと押してくだされ!^^

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。よければポチっとお願いしまっす!^^

カテゴリ
本の表紙はこちら!
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合はご連絡下さい。訪問させていただきます。
管理人:卯月かりん
虹色円盤バナー
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
トータルアクセス