別冊花とゆめ5月号のガラカメ、レビュー

5月号レビュー
いつものように、ネタバレですので、読んでいない方は、自己責任で読んでくださいね!



5月号レビュー行きます。

社長室で寝かされている速水さんの絵からスタートです。
1ページを縦に3カット。
速水さんはページ下に頭を向けて寝ています。
朦朧とした意識の中でマヤの阿古夜の台詞が聞こえてきます。
梅の谷の情景が浮かびます。
夢の中で去って行く阿古夜に向かって速水さんは「待ってくれ!」と叫んで起きますが、そこに立っているのは紫織さんです。
速水さんは紫織さんから、マヤは怖くなって逃げ出して最初からここにはいなかったと聞かされます。
この辺、未刊行と同じです。
速水さんはマヤが額に口付けしたように思いますがそんな事あるわけがないと総て夢にしてしまいます。

話し変わって、キッドスタジオ裏の川辺で速水さんの事を思い出すマヤ。
社長室で紫織さんから怒鳴られて追い出された時の事を思い出しています。
そこに桜小路登場。桜小路が写真ばらばら事件の話をしますが、マヤは桜小路に
「あたしわかったの
 紫のバラの人はあんなことしない…って!」
と話します。

一方、紫織は自分は速水の婚約者なのだ、いずれ一緒に住むのだから門限を気にせずに過ごせばきっと速水は自分を大事に思ってくれるのではと思い、速水に電話します。
「素敵な場所へご招待したいの。紫織からのプレゼントですわ。(中略) 携帯はおいてきて下さい。
 夕方5時に迎えの車をいかせますわ」
と連絡する。

同じ頃、マヤの元に紫織のお世話係の滝川という和服のおばさんがやってきます。
用件は
「今後一切、速水様と紫織様には近づかないでもらいたいのです。
 特に速水様には…
 お約束ですわよ」
そう言って、「紫織様からですわ」と封筒をおいて行きます。

滝川が行った後に封筒を開くマヤ。
そこには1000万の小切手が。
マヤは小切手を返そうと滝川を追いかけた所で、紫織が今夜アストリア号に6時に乗ると運転手と滝川が話しているの聞きます。
マヤは紫織に直接会って誤解を解き、小切手を返そうとします。

夕方5時、紫織からの迎えの車に乗ろうとする速水に清掃係が社長室に落ちていたハンカチを渡します。
速水はハンカチを受け取り内ポケットにいれてそのまま車に乗ります。
一方紫織も車で待ち合わせ場所に向かっていますが、渋滞に巻き込まれてしまいます。

マヤが港についてみると「ASUTORIA号」という大きな船が停まっています。
マヤはチケットを持っていませんが用事が終わればすぐに降りると言って船を駆け上がり、紫織を探します。

一方は船に乗った速水は、アストリア号のホテルディレクターという人物から初めてワンナイトクルーズだと聞かされます。
ロイヤルスィートに案内され、ダブルベッドがあるのを見た速水はドアを閉めるとさっさと降りようとします。
速水は紫織を探しに来たマヤとスタッフがもみ合っている所に出くわします。

「速水さん…
 どうして…?」

速水が知り合いだと行ってスタッフ達からマヤを解放させます。

その頃、紫織は渋滞で停まった車の中です。
速水に携帯を置いて来てくれと言った事を後悔しています。
また、桜小路は1時間だけと言って出掛けたマヤが6時になっても帰ってこない事を心配しています。

速水とマヤを乗せた船が港を出て行く所で終わり。
45巻の発売は7月中旬。
連載は今夏再開との事でした。


ここからは私の感想。
いろいろつっこみ所はあるのですが、もうとにかく、速水さんじゃない。
あの精悍な速水さんはどこに行ったのって感じです。
とにかく表情が乏しい。暗く沈んだままなんです。
紫織さんからわけのわからない電話を貰ったらもう少し表情があっていい筈なのに。

それに暴漢事件で気絶するほど殴られたのに、あの時の傷はどうなったの?
まさか、暴漢事件の翌日じゃないよね?

私も日本丸のワンナイトクルーズに乗った事がありますが、船の中を闇雲に探して相手を見つけられるほど小さな船ではありません。
マヤも大きさ見ればわかるでしょうにと思いました。

昨年44巻発売の為休載した時、休載直前のエピは、演劇協会の会長の家で速水とマヤが偶然出会うシーンでした。
それからちょうど1年。
たったこれだけしか話は進んでないんかいと思ってしまいます。

しかし、さすが先生。
どの二次を読んでも、東京湾クルーズをワンナイトクルーズにした人はいませんでしたねえ~。
私も考えつきもしませんでした。

この後の展開、書きたいですね。
こっからは妄想ですが、
速水さんは、マヤの為に部屋を取ろうとします。だけど満室なんですね。
そして、ロイヤルスィートの事が頭にちらりと浮かびます。
マヤは速水さんのそんな気持ちを知ってかしらずか、

「いいんです、私デッキで夜明かししますから」

っていうんです。
で、速水さんもじゃあ、俺も付き合うよって言って二人はデッキで過ごす事にするんです。
デッキで過ごすと決めた二人は、ショーを見たり食事をしたりするんですが、そのうち、マヤは何故ここに来たかを話します。
小切手を見て速水は俺の方から返しておこうってなるんです。
速水さんは紫織さんの行動にどこか奇妙な物を感じます。
そして速水さんはハンカチを出して「あれは夢だったのか」って聞くんですね。
だけど、マヤは決して本心をいいません。
問いつめる速水。

で、ここで海難事故があるんですね。
速水さんが船から落ちるんです。
そして担ぎ込まれたのが伊豆の病院。
未刊行の伊豆の病院シーンへとつないでいくんですね。
そうでなければ、船の行き先が伊豆沖なもんですか! (^O^)

妄想爆発です。
お粗末でございました。


関連記事

テーマ : ガラスの仮面
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

明後日帰省されるんですか?
悪友達の続きをぜひ!
でも、今月号の続き、書きたくなりますよね。
なんか久しぶりに萌えました。^^
プロフィール

卯月かりん

Author:卯月かりん
ガラスの仮面にはまってしまい、ガラスの仮面の感想やレビューを書いています。良ければお目汚しにご覧くださいませ。

引用している文章、画像について
当方に著作権者の権利を侵害する意図はありません。不適切と判断された場合はご連絡下さい。対応させていただきます。

ブログ内の文章・画像等の無断転載・配布等は固くお断りします。
また、いただいたコメントに対しては出来るだけお返事するようにしていますが、内容によってはお返事出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。


アルファポリスに参加しています。良ければぽちっと押してくださいね!^^



ブログ村に参加しています。良ければぽちっと押してくだされ!^^

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。よければポチっとお願いしまっす!^^

カテゴリ
本の表紙はこちら!
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合はご連絡下さい。訪問させていただきます。
管理人:卯月かりん
虹色円盤バナー
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
トータルアクセス