アニメ6月16日放送「ガラスの仮面ですがZ」

第8話「食パンくわえた女子高生の食パンの角にぶつかって致命的に始まる何か」


以下、ネタバレです。自己責任で読んで下さいね。
また、うちのサイトのスタンスとして、今回のギャグアニメに対しては批判的な立場をとっています。
このアニメがお好きな方は、読まないで下さいね。





今回のギャグアニメに対しては批判的な立場をとっている当サイトですが、しかし、今回は面白かったです。
高校生速水さんに爆笑でした。

朝、ちょっとドジでおきゃんでチャーミーな高校生! 北島マヤが食パン1斤を持って学校へ走って行く所から始まります。
途中から一緒に走る速水先輩(速水さんが高校生になっています。マヤ17歳で速水さんを先輩と呼んでいるので速水さんは高校3年生ですかね^^)
学ランと帽子が紫の速水先輩が、マヤのもつ食パン一斤の角が人にぶつかったらあぶないと言って、角を全部食べてしまいます。
(ここの食べるシーンが萌えツボです。)
「ほらもうあぶなくない」と言って、マヤに角のなくなった食パン一斤を返す速水さん。
マヤ、どっきーん!
その後、二人は走りながら食パン談義。
マヤ「食パンはまだ役割を与えられていない無限の可能性をひめたパンなんだわ」というマヤ
速水さんの独白(君は不思議な女の子だ。この俺が考えつかない事を出し抜けにいいだすかと思えば)
この後、二人でクッキングの時間です。速水さんがマヤに食パンを使った簡単朝食ベーコンエッグサンドの作り方を紹介。
「速水先輩、こんなに簡単においしそうな朝食を作れるなんて」
「チビちゃん」
見つめあう二人。
場面変わって高校の教室では先生(アルフィーの高見沢さん)が出席簿をみて一言「二人は?」
亜弓さんが「知りません」でおしまいでした。

高見沢さんの声優第1声が「二人は」でした。

今回のは面白かったです。
ギャグだけど、ひどくなかったし、シュールな笑いではなくわかりやすい笑いでした。
素直に面白かったと感想を書いておきましょう!^^

次回は「OLZ」だそうです。

しかし、速水さんが紫の学ランをきて、食パンを食べる姿は見てるこちらが、気恥ずかしかったですね。^^
こちらがドキドキしてしまいました。^^
関連記事

テーマ : ガラスの仮面
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

先生役たかみぃ^^/

わぁ~い(*^。^*)
ちょうど お風呂上がりにて、かりんさんブログ更新でした♪

食パン が テーマなんですネ。
そういえば、ふくたんが、食パン好きで、
食パンが焼ける前から、時にはお座りして そわそわしながら、
こんがり焼けた食パンを待っています(#^.^#) きゃわゆい♪

No title

プリモ様
最近、週一の更新になってしまいました。^^
少女マンガ特有の、食パンくわえたヒロインが朝学校に走って行く途中で、みたいなシチュエーションでした。
少女マンガのお笑いネタの定番をさらに揶揄したような
今回のアニメ。
クッキングネタを投入した事で、実用ネタに弱い女子を直撃する回でした。
ちなみにクッキングネタ部分は実写です。アニメに実写部分がはめ込まれていました。

フクタン、食パンが好きなのね!^^ 
プロフィール

卯月かりん

Author:卯月かりん
ガラスの仮面にはまってしまい、ガラスの仮面の感想やレビューを書いています。良ければお目汚しにご覧くださいませ。

引用している文章、画像について
当方に著作権者の権利を侵害する意図はありません。不適切と判断された場合はご連絡下さい。対応させていただきます。

ブログ内の文章・画像等の無断転載・配布等は固くお断りします。
また、いただいたコメントに対しては出来るだけお返事するようにしていますが、内容によってはお返事出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。

ツィッター:
虹色円盤@Fukayomi_Karin

アルファポリスに参加しています。良ければぽちっと押してくださいね!^^



ブログ村に参加しています。良ければぽちっと押してくだされ!^^

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。よければポチっとお願いしまっす!^^

カテゴリ
本の表紙はこちら!
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合はご連絡下さい。訪問させていただきます。
管理人:卯月かりん
虹色円盤バナー
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
トータルアクセス