アニメ5月12日放送「ガラスの仮面ですが」

【第3話】女芸人マヤの憂鬱


以下、ネタバレです。自己責任で読んで下さいね。
また、うちのサイトのスタンスとして、今回のギャグアニメに対しては批判的な立場をとっています。
このアニメがお好きな方は、読まないで下さいね。
でも、今回は比較的良かったです。





やっとパロディらしい、パロディでした。
マヤと亜弓さんが、舞台でジャージー姿で、漫才をしている所から始まります。
終わって、楽屋に戻ったマヤと亜弓。楽屋の扉には「紅☆てんにょーず」
亜弓さんがマヤに、詰め寄ります。
「今日のあなたはどうしちゃったの。……今日のあなたの突っ込み0点よ」
「だって、今日は『紫のバラの人』が来てたから……」
といいます。

そうよ、そうそう、これが見たかったのよ、マヤが紫のバラの人に恥じらう図!

亜弓さんはマヤをなじります。「もじもじしてたら受けるもんも受けないわ。芸人だったらすべる事の方が恥ずかしいっつの」
そこに月影千草師匠が、三味線を持って登場。
「マヤ、女である前に芸人。舞台の上では芸人の仮面をかぶるのよ」
亜弓さんが「鉄仮面をかぶるのよ」と言うと、マヤがハリセンで亜弓をたたき「そこは『ガラスの仮面』だろう」と突っ込む。
そこで、マヤ、ツッコミに開眼。というか白目。
まわりの物、総てにツッコミを入れるマヤ。
そこに、宅配到着。紫のバラの人(速水さん)からメッセージ「きょうのあなたも最高でした」
しかし、紫のバラではなく、紫イモが!
紫イモを胸に抱き締めマヤが一言。「嬉しい。私の大切な紫のバラの人」
「そこ、つっこめへんのかい」と叫ぶ亜弓。べべんと三味線ならす月影千草で終りでした。

紫イモの所で笑えました!

この程度のパロディなら、私的には許容範囲でした!

「ガラスの仮面ですが」Facebook
関連記事

テーマ : ガラスの仮面
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

卯月かりん

Author:卯月かりん
ガラスの仮面にはまってしまい、ガラスの仮面の感想やレビューを書いています。良ければお目汚しにご覧くださいませ。

引用している文章、画像について
当方に著作権者の権利を侵害する意図はありません。不適切と判断された場合はご連絡下さい。対応させていただきます。

ブログ内の文章・画像等の無断転載・配布等は固くお断りします。
また、いただいたコメントに対しては出来るだけお返事するようにしていますが、内容によってはお返事出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。

ツィッター:
虹色円盤@Fukayomi_Karin

アルファポリスに参加しています。良ければぽちっと押してくださいね!^^



ブログ村に参加しています。良ければぽちっと押してくだされ!^^

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。よければポチっとお願いしまっす!^^

カテゴリ
本の表紙はこちら!
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合はご連絡下さい。訪問させていただきます。
管理人:卯月かりん
虹色円盤バナー
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
トータルアクセス