アイテムNo.2「電話」  2.「スピーカーフォン」

ガラスの仮面は古い漫画です。連載37年になります。電話はコミュニケーションツールなので、いろいろ、面白い電話が出て来ます。
印象的なシーン、速水さんの初白目シーンから。



14巻 41ページ
速水さんの所へ水城秘書から電話がかかってきます。
かける水城さんは公衆電話(ダイヤル式)、受ける速水さんは受話器のないスピーカーフォンです。

さて、ここで、速水さんは水城さんからマヤが恋をしている事を知らされます。
水城さんは最初、マヤが恋しているとしかいいません。
速水さんは一瞬、動揺しますが、さすが11歳年上。マヤが人間的成長過程にあると理解します。速水さんはマヤの相手が桜小路かと思います。「あの桜小路とかいう少年か?」と聞いています。
ここで深読みするなら、「少年か?」と聞いている所に速水さんの心情がでていますよね。
桜小路なら、幼さを残している、まだまだ、子供だと安心出来ると思ったのでしょう。或は、まだまだ子供だと思いたかったのかもしれません。
ところが、相手が里美茂と聞いたとたん、白目になる程、動揺します。
里美さんは青春スター。恐らく、この時、すでに二十歳を過ぎているのではないかと思います。


(仮にデビューが18歳として、ハムレットという主役をすでにやっていて、青春スターという地位を確立している点から20代と類推しました。
もし、里美茂の年齢がわかる方がいたら教えて下さいませ、宜しく)


マヤが恋をしたのは少年の桜小路ではなく青年の里美茂
つまり、里美さんならマヤと交際して、結婚まで考えられる相手なのですね。実際、里美茂は、15巻90ページで、母親に紹介したい台詞を言っています。
速水さんの激しい動揺はここにあります。

そして、この動揺している間、使っている電話機が、受話器のないスピーカーフォンなんですね。白目になって動揺する速水さんの絵に、受話器はありません。もしあったら、この絵は別の表現になっていたでしょう。スピーカーフォンというアイテムだからこそ出来たこの一コマ。

こうやって見て行くと、たかが電話、されど電話と思ってしまいました。

----追記----
読者の方から連絡がありました。
マヤとの年齢差、マヤより3つ上なのですね。15巻88ページ 女生徒の言葉からですね。
とすると里美君この時、19歳か二十歳ですね。
年齢がわかったので、記事を訂正しました。年齢に関する部分を削除しました。
年齢が19でも青年というイメージで問題ないかと思います。
ただ19歳で結婚は行き過ぎかもしれません。
「こんどは家へ遊びにおいで おふくろが待っている」
の台詞から、里美さんがマヤを家族に紹介したいほどの相手だという事はわかります。
里美茂はマヤとの交際を真剣に考えていたんだろうと思います。
関連記事

テーマ : ガラスの仮面
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

うなずけます!

ななな・・・なる~!・・・と唸りました(笑)

ええ、あのシーン、覚えていますよ。青白い表情で「桜小路か?」と聞いておきながら、マヤの相手が里見茂だと分かると、真っ青、白目になっている~!すごくショックを受けていますよね。

なるほど、そこは、里見さんが「青年」だったから、白目なんですね(笑) 実は、私、あそこは、「何故、桜小路だったらここまで動揺しなかったのに、里見茂なら何故ここまで動揺するんだろう?」と思っていたところでした。確かに不思議で、「マヤに恋人ができたら嫌だ」という(非常にストレートな表現ですが)気持ちがありながら、桜小路にはちょっと余裕を見せている。それが、里見茂なら、意外だったから驚いたのか?何なんだろう?」と思っていたんです。

これで合点がいきましたよ!確かに、そういう事なら、速水さんのあの反応もうなずけます!

No title

こたん様
コメント、ありがとうございます!^^
速水さんの初白目シーン。
今回、電話という切り口で書いてみました!
楽しんで貰えて嬉しいです!
まだまだ、電話シーン続きます!(^O^)

No title

11/21 14:36に拍手いただいた○○様
里美茂の年齢について、情報ありがとうございます。
マヤより3つ上なのですね。確認しました。15巻88ページですね。
記事の方、訂正しました。
私の拙い記事を楽しみにしてくれてありがとうございます!^^

No title

○○○○○様
>当時子供だったのでスピーカーフォンはとても珍しく新鮮で、面白そうだな~と思っていました。

美内先生はもしかしたら、出版社においてある電話をモデルにしたんじゃないんでしょうか?
先生はお務めしていた事がないので、この電話のモデルはドラマか映画か出版社ではないかと思っています。
それとも、ご自分のアトリエで使っていたのでしょうかね?^^

>細かいことですが、速水さんは受ける時と切る時、右手でスイッチを押しているのに、通話中は左手をスイッチに置いているんですよね。

おお、素晴らしい、気が付きませんでした。
先生は時々、見た目の絵を優先させるようですね。^^

>里見茂、再登場あるかと思っていましたけど、ここまで来るともうないですかね。

ですね〜、私も好きなキャラなので、とっても残念です。
姫川亜弓の一真役で再登場してほしかったですね。^^

>かりんさまの作品では登場するので、楽しませていただいています!

ありがとうございます!^^

>年齢ははっきりとはわからないですよね。

読者の方からの情報で3つ上というのがわかりました。
記事訂正しました〜。
よければ追記を読んで下さいね。^^

コメント、ありがとうございました。^^
プロフィール

卯月かりん

Author:卯月かりん
ガラスの仮面にはまってしまい、ガラスの仮面の感想やレビューを書いています。良ければお目汚しにご覧くださいませ。

引用している文章、画像について
当方に著作権者の権利を侵害する意図はありません。不適切と判断された場合はご連絡下さい。対応させていただきます。

ブログ内の文章・画像等の無断転載・配布等は固くお断りします。
また、いただいたコメントに対しては出来るだけお返事するようにしていますが、内容によってはお返事出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。


アルファポリスに参加しています。良ければぽちっと押してくださいね!^^



ブログ村に参加しています。良ければぽちっと押してくだされ!^^

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。よければポチっとお願いしまっす!^^

カテゴリ
本の表紙はこちら!
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合はご連絡下さい。訪問させていただきます。
管理人:卯月かりん
虹色円盤バナー
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
トータルアクセス