アイテムNo.1「傘」

ガラカメに出て来る傘について。
長くなったのでたたみました。




「ガラスの仮面」で傘といえば、「イチゴの傘」が有名ですが、傘は結構いろいろな場面で使われています。
8巻64ページ 「嵐が丘」千秋楽の日、降り出した雪に桜小路君がマヤの為に自分の折畳み傘を警備のおじさんに預けます。
マヤはその傘に桜小路君の優しさを改めて感じます。
この傘は同巻118ページ辺からのエピでマヤから桜小路君に返されます。

「イチゴの傘」は、19巻148ページ、車のエンジンが故障してホテルまで歩かなければならなくなった速水さんにマヤがさしかける所で登場します。
マヤの御礼の気持ちの傘は、速水さんが持つ事で、速水さんの恋の小道具に変化します。
好きな子と相合い傘で歩きたい。
この頃は速水さんは見合いをしてなくて、いい感じですよね。
そして、マヤのイチゴの傘は速水さんが「ジュリエット」を見に行こうとマヤを誘う時に返されます。

この傘を貸す、返すの中に、マヤと桜小路、マヤと速水さん、それぞれの気持ちが反映されていますよね。

そして、43巻97ページ。桜小路君がもってきた二本の傘。
桜小路君はマヤと相合い傘をして帰ろうとは、最初思っていません。
彼女が濡れないように二本の傘を持って行きます。
だけど、速水さんがいたので、親切な桜小路君は速水さんに1本差し出します。
しかし、相合い傘をして帰ると言った桜小路君の傘を速水さんは拒絶します。
好きな子が他の男と相合い傘する所なんて考えたくないですものね。
マヤはマヤで速水さんの言葉に自分のやる紅天女の方向性を見いだし、雨に濡れる事などおかまいなしになってしまい、桜小路君の差し出した傘はやはりマヤに拒絶されてしまいます。

拒絶の理由はマヤと速水さんで違います。
だけど、差し出す桜小路君の方は同じ「雨に濡れたら気の毒」という優しさ。
ここで深読みするなら、マヤと速水さんは共に、雨などものともしない世界に生きている。修羅といってもいい。マヤは芸を極める茨の道。速水さんは義父との確執、そして食うか食われるかのビジネスの戦場。
それに対し、桜小路君は常識の世界に生きている。芸を追求していてもどこかに常識という括りを持っているように思います。
そんな対比が桜小路君の差し出す傘に反映されているように思いました。


テーマ : ガラスの仮面
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

○○○○○○○様
拍手コメントありがとうございます!^^
この傘のシーン、印象に残りますよね。
二人が共に、桜小路君の傘を手を振り払って拒絶する所が!(^^)
桜小路君いい人なんですけどね〜^^

RE:暗い顔も好き

○○○○○様(ひらがな5文字)
雨の中、歩くシーン。いいですよね。
あれは、完全に速水さんの心の中を表していますよね。
聖さんの言った「諦め」と「苦しみ」でしょうか。
>「アイテムNo.1」ということは、2,3と続くのかしら
はい、その予定です。
ただ、他のアイテムは皆さん書いていらっしゃるので、何か他の切り口が見つけられたらなと思っています。
2は電話にしようかと思っているのですが、電話は使っているシーンが多いので印象的なシーンだけになるかなと思います。

今回の傘も、貸したり借りたいのシーンに焦点をあてています。
それで、桜小路君がジェーンの時、一人、傘を外して雨にうたれるシーンは省いたんです。

電話も切り口が見つかるとかけると思います。

>そういえば、美内先生ご自身がチョコパフェお好きなんでしょうか?
「妖鬼妃伝」確認しました~^^
 先生、お好きなのかもしれませんね。
それと、読んでいて、「パフェ」より「チョコパフェ」の方が語感がいいように思います。
それでこの言葉を使っているような気がしました。
ちょっと、深読みです。^^
コメントありがとうございました。

No title

○○○様(ひらがな3文字)
>お久しぶりです。巷では、風邪が流行りつつあるようですね。
お久しぶりです。^^
寒くなってきましたよね。
私はおかげさまで元気に過ごしています。
人の名前って難しいですよね。それに、桜小路君が初めて登場するシーン。
犬を追っ払うシーンなんですが、誰かが「桜小路くん」て叫んでるんですよね。
これで、名前がわかるという、まるで、戦隊もののヒーローのような登場の仕方でした!^^
コメント、ありがとうございました!

なるほど~

おお~、なるほど~!
という新鮮さを感じながら拝読させて頂いています。
最近は仕事に追われ、なんだか精神的にも余裕がなく、
書き込みもできず・・・という私です。

No title

こたん様
お忙しそうですね。
私へのコメントは、いつでもいいですよ!^^
ご病気ではないかと心配していましたが、お仕事が忙しかったんですね。^^
紫ではありませんが、がんばっているこたんさんにバラの花束をどぞ!(^^)
プロフィール

卯月かりん

Author:卯月かりん
ガラスの仮面にはまってしまい、ガラスの仮面の感想やレビューを書いています。良ければお目汚しにご覧くださいませ。

引用している文章、画像について
当方に著作権者の権利を侵害する意図はありません。不適切と判断された場合はご連絡下さい。対応させていただきます。

ブログ内の文章・画像等の無断転載・配布等は固くお断りします。
また、いただいたコメントに対しては出来るだけお返事するようにしていますが、内容によってはお返事出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。

ツィッター:
虹色円盤@Fukayomi_Karin

アルファポリスに参加しています。良ければぽちっと押してくださいね!^^



ブログ村に参加しています。良ければぽちっと押してくだされ!^^

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。よければポチっとお願いしまっす!^^

カテゴリ
本の表紙はこちら!
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合はご連絡下さい。訪問させていただきます。
管理人:卯月かりん
虹色円盤バナー
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
トータルアクセス