「ガラスの仮面」の二重性

今日は「ガラスの仮面」の二重性について考えてみた。




「ガラスの仮面」というタイトルからして、本体と仮面を被った時という二重性を表している。
物語もまた、ガラスの仮面の物語そのものと劇中劇という二重性。

北島マヤと女優北島マヤ。
芝居をして他の役になりきってしまうマヤと普段の生活をしているマヤ。

では、速水真澄はどうだろう。
速水真澄と紫のバラの人。
これが二重性だろう。
では、49巻ラスト付近、聖唐人が、速水真澄に「紫のバラの人だと名乗って下さい」というのは、本来の自分自身に戻ってくれと言う意味にも取れる。
単に北島マヤに紫のバラの人を名乗るのではなく、本来の自分に戻ってくれと言う含みを持たせた台詞だとすると、速水真澄が速水の家を出て、自分の人生を生きようとする行動に出たのも納得が行くように思う。

今日の感想でした。
関連記事

テーマ : ガラスの仮面
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

卯月かりん

Author:卯月かりん
ガラスの仮面にはまってしまい、ガラスの仮面の感想やレビューを書いています。良ければお目汚しにご覧くださいませ。

引用している文章、画像について
当方に著作権者の権利を侵害する意図はありません。不適切と判断された場合はご連絡下さい。対応させていただきます。

ブログ内の文章・画像等の無断転載・配布等は固くお断りします。
また、いただいたコメントに対しては出来るだけお返事するようにしていますが、内容によってはお返事出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。

ツィッター:
虹色円盤@Fukayomi_Karin

アルファポリスに参加しています。良ければぽちっと押してくださいね!^^



ブログ村に参加しています。良ければぽちっと押してくだされ!^^

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。よければポチっとお願いしまっす!^^

カテゴリ
本の表紙はこちら!
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合はご連絡下さい。訪問させていただきます。
管理人:卯月かりん
虹色円盤バナー
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
トータルアクセス