49巻感想 おまけ

49巻感想 おまけです。
皆様からいただいたコメントにお答えしている中で、特に記事として残して置きたい部分をピックアップしました。
重複になる部分もありますが、宜しく(^O^)
今回もネタバレは少ないですが、一応含みますので自己責任で読んで下さいね。




鷹宮会長は
速水さんが破談にした理由「僕では幸せに出来ない」
速水さんが紫織さんにつきそう責任感のある態度
こういった事から速水さんが紫織さんを嫌いになったのではないと思ったんでしょうね。
結局、鷹宮会長は速水さんが結婚に自信がもてないだけだと思ったんでしょう。
鷹宮紫織の惨状をみた速水さんに対し会長は、速水さんは出世欲の強い人だから出世と財産を条件にすれば、紫織さんとの結婚を承諾すると思ったのでしょう。
そして、速水さんの情に訴えた。
「哀れと思ってやってくれ」
家族とすればそうでしょうね。速水さんが紫織さんを元通りにしてくれると思えば、理不尽な事でも強要したくなりますよね。

水城さん
水城さんの「いつまでも信号は赤ではありませんわよ」
マヤが真澄を憎んでいる気持ちがおさまった、マヤは母親の事で真澄をもう憎んでいないって事ではないかなと思います。マヤが更に一歩すすんで真澄を好きという事とは違うと思います。
ですから、「まさか真澄様を」になるのでしょう。

燃え跡の鷹宮紫織
水をかけられてぼろぼろになった和室にぼーっと座り込んでいる紫織に違和感を覚えました。
絶対、どこかに避難させられている筈なのに!
あんな焦げ臭くて煤だらけのとても住めないような部屋に座りっぱなしって!^^

以上、おまけでした。

みなさんの中でここがわからないという所があったら、お聞かせ下さい。
一緒に考えてみたいと思います。

関連記事

テーマ : ガラスの仮面
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

○○○○○様
はじめまして、ようこそいらっしゃいませ!
>ぜひこちらの仲間に入れてくださいませ!
ぜひぜひ、加わって下さいませ。^^

>でも結局、阿古夜は一真に伐られてしまうのですよね?

伐られても、相手の愛を信じぬくって事なんでしょう。
一真は阿古夜への愛が醒めて切ろうとしているのではない。
自身の立身出世の為に切ろうとしているのでもない。
天下太平の為、使命の為、仕方なく切る。
そこを阿古夜は信じたのでしょう。
実際、彼は阿古夜を切った後、天女像を彫りあげ、帝に献上、そして流浪の僧となって、旅を続けます。

>イルカのペンダントもずっと気になっています。後々、深い意味を持ってくるのかと・・・。

これは無いと思います。というか思いたいです。^^

>マヤと桜小路君が結ばれるようなことになったら、私は最終巻を叩きつけてしまうかもしれません(笑)

はい、そうなったら、私も叩き付けます!^^

>いい人ではあるんですけどねー、桜小路君・・・。

私は未刊行部分を図書館から取り寄せて読んだ時から鬱陶しくなりました。
42巻読んだ時も、なんだかな~という気はしていたのですが、^^

また、遊びに来て下さいね。
コメントありがとうございました。
プロフィール

卯月かりん

Author:卯月かりん
ガラスの仮面にはまってしまい、ガラスの仮面の感想やレビューを書いています。良ければお目汚しにご覧くださいませ。

引用している文章、画像について
当方に著作権者の権利を侵害する意図はありません。不適切と判断された場合はご連絡下さい。対応させていただきます。

ブログ内の文章・画像等の無断転載・配布等は固くお断りします。
また、いただいたコメントに対しては出来るだけお返事するようにしていますが、内容によってはお返事出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。


アルファポリスに参加しています。良ければぽちっと押してくださいね!^^



ブログ村に参加しています。良ければぽちっと押してくだされ!^^

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。よければポチっとお願いしまっす!^^

カテゴリ
本の表紙はこちら!
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合はご連絡下さい。訪問させていただきます。
管理人:卯月かりん
虹色円盤バナー
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
トータルアクセス