49巻感想第9弾 「鷹宮紫織」

49巻感想第9弾です。
今回、ネタバレは少ないですが、一応含みますので自己責任で読んで下さいね。




紫織さんって、聡明で美しく優しい女性として登場しますよね。
素晴らしい女性として描かれている。
だけど、鷹宮翁の話では、友達も少なく男性とつきあった事がなく、速水さんが初めての恋人だといってるんですね。
男の人を好きになった事はあるよね、きっと。そうでなければ、聡明な女性には育たないと思うんだけどなあ〜?
それに、速水さんと鷹宮紫織って恋人だったっけ?
鷹宮紫織は好きだと言っていたけど、速水さんは愛しているとも、好きだとも言ってないのよね。
結婚は申込んだけど。結婚申込んだらそれは好きなのかな?
まあ、普通、一番好きって思うよね。
なんだか、鷹宮翁の台詞にすごい違和感があった。
それとも紫織は家族には速水さんとこんな所に行ったとかそんな話をしていたのかな?
家族は紫織の話を聞いて、相思相愛の恋人同士と思ったのかな?

49巻ではないけど、紫のバラの花をチョキンチョキンて切っていく話があったけど、あの時もマヤの頭をチョキンチョキンしてるつもりだったんだろうな。

どうして、自分を裏切っている男に憎しみが向わず、相手の女にむかうんだろう?
それとも、この後、鷹宮紫織の憎しみが速水さんに向う事になるんだろうか?
関連記事

テーマ : ガラスの仮面
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

同姓に向かう憎しみ(p_-)

う~ん! 
これはもう、美○先生の、ネチネチすとぉり~のための
女性の、同姓のための、同姓に向かう嫉妬描写 

だと思います♪

しおりさんが 元に戻ったら、速水さんに
お説教を してほしいですよん☆

”あなたという人は。 
 想い人がありながら 
 お見合いをするなんて。
 バシッ(ビンタ)。
 わたくし。 これで 失礼いたしますわ。”
 

・・・なんて 願っております。
・・・・んなアホな。。。( ̄▽ ̄; 


しおりさんのおじいさまは、99%挙式目前 にて
突如 しおりの自殺未遂だとぉ~! んがぁ~!!?????
というシチュでの 
「どういうことだね? 真澄くん?!」 なので
驚き以外の何者・物でもないと思います(^_^;)

それもこれも、美○先生の 大改稿 が引き金 (^m^)ブクク。。。


No title

○○○様
>なのに、夜空に星が見えないと嘆く真澄に、私たちには地上の星がある。なんて口答えするでしょうか。

ですよね〜!
それに、あの時、星が好きといった真澄に一緒に見に行きたいと言えば、真澄の事だから夜のドライブで星を見せに行くくらいの事はしたと思うんですよね。
しかも、クスッとか笑ってましたよね〜。

>あぁ、何もせず、待っていれば、真澄と結婚できたのに残念な人ですね。

ですね、ですね。
何もせずにじっと待っていれば良かったんですよね。
ホント、残念な人ですよね。

No title

プリモ様
>「どういうことだね? 真澄くん?!」 なので
驚き以外の何者・物でもないと思います(^_^;)

鷹宮翁は気が付かなかったのかな?
速水さんが紫織さんを愛していないと。
気が付かなかったんだろうなあ〜。

>それもこれも、美○先生の 大改稿 が引き金 (^m^)ブクク。。。

ははは、ですね! 先生、どんどこどんと改稿されますもんね!^^

No title

10/14 10:01に拍手コメントをいただいたお名前の無い方
返信不要との事、お言葉に甘えさせていただきま〜す。^^

RE:そうなんですよ

○○様(英文字2文字)
>婚約者であっても恋人!は違いますよ!
ですよね〜!!!!

私がいや〜〜〜な気分でいるのは、鷹宮紫織ってワンナイトクルーズの時、前日と同じ服装で港で待ってたじゃないですか?
あれ、一晩車の中で待ってたんですかね?
だとしたら、家族には一晩一緒だったと言っているかもしれませんね。
それに北斗プロの襲撃の時も朝まで側についていた感じでしたし。
そしたら、二人が恋人同士と鷹宮翁が思っても仕方ないかもしれませんね。
いやだけど。^^

No title

○○○○様(英字4文字)
はじめまして、ようこそいらっしゃいました。^^
紫織さん、ホントにわからなくなりましたよね。
最初に出て来た時と今を比べてみたりすると、もう、雲泥の差!ですよね。^^

>速水さんのマヤの身体への接触は10代のときから尋常じゃない!!

ここ、爆笑させて貰いました。(^O^)
まじめな話、速水さんにとって、マヤは子供でしたからね。
途中、いろいろありましたけど、結局47巻でやっと速水さんはマヤを大人になったと認めたんでしょうね。^^

>その気になれない女性と婚約する速水さんもよくわかりません。

速水さんにとって、婚約は仕事だったように思います。
結婚を軽く考えていたんでしょうね。

>こんなカップルじゃあ長続きしないよね、きっと。

しません、しません。
やっぱり、速水さんがマヤに対して全力で関わったように(マヤがお母さんが死んで演技が出来なくなった時等)魂の片割れなら、互いに全力で相手に関わるべきですよね。
マヤは速水さんを全力で憎んでいましたし。
最初から速水さんは鷹宮紫織に表面上の関わりしかもってないですよね。

>あ~もうぐだぐだになってきた~これで50巻でマスマヤが結ばれなかったらどうしよ?!

ホントにどうしましょう!
みんなでお星様にお願いしましょう!!!^^
そして、50巻で結ばれなかったら、暴動を起しましょう!^^

コメントありがとうございました。^^
プロフィール

卯月かりん

Author:卯月かりん
ガラスの仮面にはまってしまい、ガラスの仮面の感想やレビューを書いています。良ければお目汚しにご覧くださいませ。

引用している文章、画像について
当方に著作権者の権利を侵害する意図はありません。不適切と判断された場合はご連絡下さい。対応させていただきます。

ブログ内の文章・画像等の無断転載・配布等は固くお断りします。
また、いただいたコメントに対しては出来るだけお返事するようにしていますが、内容によってはお返事出来ない場合があります。悪しからずご了承下さい。

ツィッター:
虹色円盤@Fukayomi_Karin

アルファポリスに参加しています。良ければぽちっと押してくださいね!^^



ブログ村に参加しています。良ければぽちっと押してくだされ!^^

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。よければポチっとお願いしまっす!^^

カテゴリ
本の表紙はこちら!
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。リンクされた場合はご連絡下さい。訪問させていただきます。
管理人:卯月かりん
虹色円盤バナー
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
トータルアクセス